甲状腺の病気を改善しましょう~ホルモンのトラブル解決~

最新記事一覧

甲状腺トラブルの治療

先生

自己判断の注意点

甲状腺のトラブルは予期せずして起こるため、最初は判断がつきにくく体調不良で片付けられる場合があります。しかし甲状腺の病気は自己判断に頼ってはいけない面もあるため、体調が優れない場合は医療機関を受診します。甲状腺の病気にはホルモンが過剰に出過ぎてしまう甲状腺機能亢進症と、ホルモンが減少してしまう甲状腺機能低下症があります。似たような名前でも治療方法は全く異なるため、正しい治療を受けるためにも早めに医療機関を受診します。また治療にはいくつかの選択肢がありますが、妊婦や妊娠を考えている場合は服薬や治療に制限があります。知らずに服薬や治療を続けてしまうと予期せぬトラブルへと発展するため、慎重に見極める必要があります。

治療に取り組むメリット

甲状腺機能亢進症と甲状腺機能低下症はホルモン過多と減少であるため、体に出る症状は異なります。治療に取り組む場合はそれぞれの専門医の指示を仰ぎ、状況をその都度に判断しながら計画的に治す必要があります。甲状腺の病気である機能亢進症の場合は出過ぎてしまったホルモンを調整するため、ホルモン抑制剤を服薬します。反対に機能低下症の場合は減少してしまったホルモンを調整するため、ホルモン排出を促す薬を飲みます。どちらの場合も一定の効果が見られなかった場合は、次のステップである放射線治療や外科的手術に進みます。放射線治療は甲状腺に照射する治療であり、外科的手術は甲状腺の一部切除を行います。これらの治療を受ける事で甲状腺の病気は改善の余地が見られるため、積極的に取り組む事が望まれます。

専門医で改善できる

男の人

慢性疲労症候群という原因不明の病気があります。非常に疲れ中には寝込んでしまう人もいます。しかし検査では異常がありません。そのまま苦しんでいるのではなく専門医に相談すると疲れを軽減する効果的な治療があります。

もっと詳しく

腎臓の状態を知りましょう

窓

腎臓病の主な症状は尿に現れます。尿の回数などが普段と違ったら早めに腎臓病の検査を受けましょう。また、泡立つような感じの尿も、腎臓病の特徴なので要注意です。早めに自覚症状に気付き、病気の進行を防ぎましょう。

もっと詳しく

気になる人は受診してみる

看護師

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠時に大きないびきをかくことが特徴的です。そして、肥満の人ほどかかりやすいと言われています。ただし、鼻炎だったり、顎が小さかったりする人でも、かかることがあります。痩せているからと安心はできません。

もっと詳しく